“しぼり”と”シャッタースピード”と”ISO”について

一眼レフの特徴と機能

適当に撮るのではなく、考えて撮影ができるようになると、一層撮影は楽しくなります!

今回はカメラの基本である3つの設定値について説明していきます。

  1. しぼり
  2. シャッタースピード
  3. ISO

これらを知っておくと、撮影がスムーズに進み、今後ご自身でカメラについて調べるときにも役にたちます!

カメラでは明るさのことを「露出」と言う

3つの設定値について説明する前に、「露出」について知っておきましょう。

簡単に言えば、「明るさ」のことです。カメラでは丁度良い明るさのことを「適正露出」と言います。

ファインダーを覗いたときなどに、下にこのような表示→  - —-■—- +  があると思いますが、これは「露出計」と言います。

プラス側にメーターが振っていれば、「明るい」

マイナス側にメーターが降っていれば、「暗い」

という、カメラ側でおおよその明るさを撮影する前に表示してくれる便利な機能です。

最初はこの「露出計」を見ながら設定をしていくと良いかもしれません。

しぼりってなに? ~ボケ感が調整できる!~

簡単に言うと、ボケの強さを変更できる場所です。F値ともいいます。

数値が低ければ低いほど、ボケの強い写真になります。

目安として、F4.5あたりからボケ感が大きく変わってきます。

逆にボケ感を出したくない場合はF8以上に設定してあげると奥までボケの少ない写真になりますよ。

ちなみにF値(しぼり)はレンズによって設定できる幅が変わってきます。

しぼりの設定の仕方 for Canon

キャノンの入門機だとAvと表記しているボタンを押しながら上部右のダイヤルを回すと変更ができます。

中級機の場合は手前の液晶横についているダイヤルを回すと、しぼりを変更することができます。

しぼりの設定の仕方 for Nikon

ニコンの入門機の場合、+/-と表記しているボタンを押しながら上部右のダイヤルを回すと変更ができます。

中級機の場合は手前のダイヤルを回すと、しぼりを変更することができます。

※機種によって操作が異なることがありますので、詳しくは説明書をお読みください。

シャッタースピードってなに? ~ブレが気になる方はココをいじれば解決!~

こちらはそのまま、シャッターが閉じる速さのことです。

数値を上げれば上げるほど、動体をブレなく撮ることができます。

基本的に手持ちでブレない速度は、手ぶれ補正がついてない場合1/60秒と言われています。

手ぶれ補正がついている場合は1/40秒ほどでしょうかね。

ただブレないと言っても、動いていないものを撮る場合に限るので、人を撮る場合は最低でも1/80秒以上で撮ることをオススメします。

シャッタースピードの設定方法 Canon Nikon 共通

カメラ上部右側についているダイヤルを回すとシャッタースピードを変更することができます。

※機種によって操作が異なることがありますので、詳しくは説明書をお読みください。

ISOってなに? ~暗い場所も明るく撮れる!~

写真を撮っても暗い・・・

そんな時はISOの出番です。

ISOとは光の感度のことで、数値を上げれば上げるほど、僅かな光の中でも明るい写真を撮ることができます。

ただ、数値を上げることでデメリットも生じます。

ISOの数値を上げると、写真にノイズがでてしまい、粗い写真になってしまいます。

最近の新しいカメラはある程度ISOを上げてもノイズの少ない写真に仕上げてくれるようにはなってきたのですが、極力あげたくはない数値ではあります。

しかし、暗くて何も見えない写真よりかは数倍良いので、上手にISOと付き合っていきましょう。

シャッタースピードの設定方法 for Canon

ISOというボタンがあるので、そこを押してISOを変更していきます。

シャッタースピードの設定方法 for Nikon

初級機は「i」というボタンを押してISOを変更していきます。

中級機以上になると、ISOというボタンがあるので、そこを押しながら、しぼり側のダイヤルを回すとISOが変更できます。

※機種によって操作が異なることがありますので、詳しくは説明書をお読みください。

ISOの上げ方のコツ

ISOを変えるとき、適当に数値を変えてもらっても構わないのですが、ISOの数値を上げるときのコツというものがあります。

慣れるまで、基本的にISOは100・200・400・800・1600・3200・6400~…

という風に数値を倍に倍に設定をしていくと変化の差が出るので、最初のうちは倍で設定をしていき、微調整をしていくと良いと思います。

これらを覚えておけば、撮影がもっと楽しくなる!

なんとなく撮るではなく、理解して撮るということができるだけで、自分で撮った写真にもっと愛着が湧くようになりますよ!

そして今後、もっと写真を追求していきたいと思った時に、スムーズに理解ができると思います。

これらの設定はカメラをやる上で、最低限覚えておきたい部分なので、「しぼり」「シャッタースピード」「ISO」の特性をしっかり覚えておきましょう!

ボタンがたくさんあって、考えて撮らなきゃいけないときもありますが、一眼レフを使いこなすということは、素敵な思い出を残せるということです^^

スマホも便利ですが、ぜひ一眼レフの使い方を覚えて、写真撮影を楽しんでください!

コメント