写真の編集に必要なPCのスペック windowsのパソコンをお使いの方へ。

一眼レフ撮影初心者のための情報

写真編集をしたい!だけど、今のパソコンじゃ動作が重くて不便・・・

新しいパソコンを買うにしても、どういった性能のパソコンを選べばいいかわかりませんよね。

今回は写真編集をするにあたって、必要なパソコンの性能をご紹介いたします!

ちなみに、この記事はWindowsをお使いの方向きの記事です。

 

結論をサッと知りたい方!

写真編集にあたって、オススメするパソコンの性能。

メモリ:8GB 以上

CPU: Core i5 以上

GPU(グラフィックボード): 特に必要なし (もちろんあることに越しません)

SSD:256GB以上

内蔵HDD:必要なし(外付けハードディスクで対応)

ディスプレイ:光沢液晶

オススメのパソコン:Surface /レッツノート

 

デスクトップパソコンとノートパソコンどっちがいいの?

最初に悩むポイントだと思います。

それぞれの特徴を記載するので、参考にしてみてください^^

デスクトップパソコンの特徴

・性能が良い割に値段が安い

・持ち運びができない

・性能の増設が簡単(購入したものによる)

 

ノートパソコンの特徴

・デスクトップパソコンと比べると値段が高い

・持ち運びができる

・性能の増設が難しい(不可能、または時間がかかる)

 

このような感じですが、お金に余裕があればノートパソコンをオススメします。

結構今のノートパソコンでも性能が高いものがそろっており、ディスプレイを別で購入してケーブルで繋ぐと、デスクトップパソコンのような使い方も可能です。(僕はそのように使っています)

写真は現場で現像をすることもあるので、持ち運びができる方が便利です。

ただ、注意点がありノートパソコンを買って失敗する方の多くは、後々性能の増設に悩む、ということですね。

なので、ノートパソコンを購入する際は買おうと思っている性能の一つ上を買うとよいかもしれません。

 

オススメのパソコンの性能(写真編集用)

メモリ:8GB 以上

CPU: Core i5 以上

GPU(グラフィックボード): 特に必要なし (もちろんあることに越しません)

SSD:256GB以上

内蔵HDD:必要なし(外付けハードディスクで対応)

ディスプレイ:光沢液晶

グラフィックボード搭載は高い!けど、搭載してればサクサク!

本来グラフィックボードは映像編集に対して主に使用する部分ですが、実は写真編集にも関係性があります。

それはAdobe Light roomという写真編集ソフトを使うにあたってですが、このソフトはメモリ、CPU以外にもグラフィックボードを搭載している場合、有効に活用してくれるという機能がついています。

といっても写真編集をするにあたり、最優先するほどでもないので、妥協してもかまいません。

 

それぞれの性能のザックリとした役割(写真編)

メモリ

写真の書き出し速度が上がり、編集速度が向上します。

CPU

写真の書き出し速度が上がります。

GPU

全体的な動作のサポートをしてくれます。

SSD

あらゆる動作が軽くなります。

使用するソフトや編集する写真はこちらに保存しましょう。

HDD

データを保存する部分。

HDDの中で作業をすると、動作が遅くなります。

写真編集にはsurfaceシリーズがオススメ!

動作サクサク持ち運びラクラクのプロ仕様のタブレット型ノートパソコン。

画面は光沢液晶で、写真を鮮明に見ることができます。

また、ディスプレイはタッチパネルで、直感的な作業も可能。

ただ、グラフィックボードを積んでいないので、映像編集を今後する予定がある方にはオススメできません。

 

分厚くても大丈夫なら、最新のレッツノートシリーズもサクサク!

ちょっと分厚いですが、その分CD/DVDドライブが搭載されています。

また耐久性が抜群で、公式では落下実験の動画を掲載しているほど。

故障率も低く、非常に優れたノートパソコンです。

性能もシリーズによって様々ですが、最新モデルはどれも高性能で、写真編集にもオススメのノートパソコンとなっております。

 

信頼・性能 この2つをハイレベルで兼ね備えてるメーカーはASUS

値段は少し張りますが、性能と故障のしにくさはASUSが有名です。

ただ、タッチパネルや持ち運び安さには劣る部分があるかもしれません。

ノートパソコンとしても、デスクトップパソコンとしても使用していきたいと考えていましたら、ASUSをオススメします。

 

このメーカーはオススメしたくない!DELLのパソコン

値段が安くて高性能。

ここだけみればいい感じですが、値段の安さにはがあります。

本当に故障が多く、今までのデータがすべて水の泡・・・なんてことも。

1年持てばいいや、と思っているのでしたらコストパフォーマンスは最強だと思いますが、いつ壊れるかわからないパソコンは本当にオススメしたくありません。

実際に僕はDELLを使用していたことがありますが、初期不良が頻発

DELLを3台使用して、すべて3か月以内に故障しました。

その中でもSSDの故障には驚きましたね・・・(SSDは本来壊れにくい)

 

まとめ

パソコンはメモリ、CPU、GPU、SSD、HDD…これらでパソコンは構成されていますがこの中でもメモリを一番重視しましょう。

また、パソコンは性能が高すぎて困るということはないので、予算が許す限り、高性能のパソコンを手に入れることをオススメします!

コメント