プロ絶賛!おすすめ一眼レフ『Nikon D500』の性能と機能をご紹介

機材紹介

2016年4月28日に発売をした、NikonのAPS-Cハイエンド機D500。

発売から2年近く経ちましたが、店頭では売り切れが出るほどまだまだ人気の熱が冷めない機種。

これからちょっと本気で一眼カメラを始めたい方やAPS-C機の購入を考えてる方、この記事でそっと背中を押せるといいな、と思います。

『Nikon D500』の性能と機能

“圧倒的連射性能”

10コマ/秒の連射力はまるで動画の様に撮影ができます。

しかもデータの書き込み速度が速いおかげで、ずっと連射をしていても途中で連射が止まることがないんです。

シャッターがバシャバシャ切れるのは爽快感すら感じますね。

動物はもちろん、運動会などの一瞬一瞬が大切な場面は”もう逃さない”。 そんなカメラです。

“捕捉能力抜群!暗所でもバリバリに効くオートフォーカスの信頼性”

少し暗い場所での撮影となると、問題になってくるのがAF(オートフォーカス)性能ですね。

暗い場所だとピントが迷ってしまい、シャッターチャンスを逃してしまうという事態が発生しますが、このD500であれば多少の暗さはもう心配ありません。

フォーカス性能がかなり優れているので、直観的な撮影を可能にしています。

しかも、153点のフォーカスエリアが搭載されているおかげで、画面の隅々までが守備範囲。

これはAPS-C機の強みでもありますが、その強みを最大限まで活かしたのがこの”D500″と言っても過言ではないでしょう。

“ISOの常用範囲が驚異の51200!”

ISO(光の感度)に余裕があるということは暗い場所での撮影が有利になっていくことはもちろん、シャッタースピードを落とさずに撮影することができます。

APS-Cの弱点でもあった暗所での撮影をカバーしている点はかなりデカいです。

どうしてもフルサイズ機の色の深みには敵わない部分は多少なりともありますが、それでもフルサイズに十分匹敵する高感度性能を持っていると言えます。

使用した感じだとISO3200程度であればノイズも少なく、全く問題なく使える写真と言った感じ。

さすがにISO6400まであげるとノイズは発生してきますが、まぁ許容範囲。

他のフルサイズ機 D610(http://amzn.asia/665aTkH)の場合はISO1600を超えた時点でノイズが目立ってくるので、それと比べるとかなり性能が上がっているのがわかります。

“写真撮影だけじゃない!動画撮影機能もすごい!”

性能は写真撮影だけには留まらず、動画撮影機能も高いというスキのなさ。これはマジで凄い。

具体的に動画撮影のどういった部分が強いのか大きく分けてこの2つ。

  • 4K撮影
  • 電子手ぶれ補正機能

特に電子手ぶれ補正機能がハンパじゃないんです。

どれほどすごいかと言うと、三脚や一脚が必要ないほど。

これは極端な話ではなくて、そのレベルで全くブレません。

手持ち撮影で全くブレない撮影ができることにはとても感動しました。

ただ、カメラを左右に振るパンには弱いことに注意。

“SDカードとXQDカードのダブルスロット”

保存用カードが2枚入るのは助かりますね。

バックアップ用にも使えるし、64GBのカードを2枚入れて、128GBの容量にすることもできます。

そして、注目すべく点がXQDカードという新規格のメディアになっていること。

書き込み速度や読み込み速度がSDカードの約4倍も速いんです。(安いSDカードと比べると10倍近い)

新しい規格すぎて、カードリーダーが売っていないことを除けば、強力なメディアですね。

“オートホワイトバランス性能”

ホワイトバランス性能もひとつ気になるところだと思いますが、全く問題ありません。むしろ、かなりいいですね。

このオートホワイトバランスの性能のおかげで、写真の色かぶりも減ります。

逆に色かぶりを好む人(少数派だと思うけど)には向かない機種かもしれません。

それほど精度が高く、白色が取れた綺麗な一枚に仕上げてくれることでしょう。

“Wi-fiとBluetoothの機能搭載!”

最近流行の無線機能も完備しています。

Nikonからだしている公式アプリとの互換性があるので、撮った写真をすぐにSNSに投稿なんてことも簡単。

スマホと連携をしたセルフタイマー機能もできるので、使い方次第では無線機能非搭載機種よりも撮影の幅が広がりそうですね。

“チルト式の液晶モニターが撮影のストレスをなくす!”

モニターには主に標準モニター、バリアングル式モニター、チルト式モニターの3つがありますが、個人的にはチルト式が一番使い勝手が良いと思います。

なぜならワンタッチで下アングルの撮影が可能で、ロスが少ないからです。

さらにタッチパネルなので、フォーカスの位置も直観的に操作ができる点も◎

まとめ

APS-Cの最上位機種D500、ダイナミックレンジ(色の深み)を除けば最強のカメラだと思います。

ただ、ダイナミックレンジも人の好みなので、APS-Cの絵が好きな人には最高のカメラではないでしょうか。(ちなみに僕はフルサイズよりAPS-Cの色の方が好き。)

また、上記では説明してませんが、解像度も2088万画素とフラッグシップモデルのカメラに合わせてきているので、D500はNikonの意識の高さがうかがえます。

AFスピードから暗所撮影まで幅広くカバーできる”D500″はまさに被写体を逃さない、信頼できるカメラの一つです。

写真撮影から動画撮影まで使える、非常に素晴らしいカメラなので、購入を検討している方は迷わず入手してもよいカメラでしょう。

Nikon D500

DXフォーマット

有効画素数 ISO感度 高速連続撮影 D-Movie 質量 その他機能
2088万画素 ISO 100-51200 約10コマ/秒 フルHD 1080/60p
4K UHD 30p
約860g SnapBridge
Wi-Fi内蔵
Bluetooth内蔵
NFC内蔵
タッチパネル

カメラのキタムラで見る

Amazonで見る

コメント