プロとして使用している一眼レフカメラはコレ!Nikonをオススメする理由!

トピックス

実際にプロが使用している一眼レフカメラ、気になりませんか?

僕が実際にプロのカメラマンとして使用している一眼レフカメラを今回はご紹介いたします!

メーカーはNikon

カメラメーカーにもいろいろ種類はありますが、僕はNikonを使っています。

理由はひとつ。

耐久性が高く、壊れにくいから。

実は色味やレンズの好みなどはCanonの方が好きだったりします。

でも、プロとしてやっていく上で「カメラが壊れたんで撮れません」は通じません。

それを考えると、一番優先するべきは耐久性ということでNikonを使っています。

Nikonは元々戦時中に使われていたカメラということもあり、耐久性に優れていると言われています。

かの有名な戦艦大和の測距儀(距離を測る機械)もNikonが手掛けてます。

 

カメラは”メイン”と”サブ”がある

なぜ2台持つのか。

大きい理由は2つあります。

・壊れた時の代替え機

・レンズの切り替えスピードを上げる

2つ目のレンズの切り替えスピードを上げるというのは、撮影する上で非常に重要な部分です。

標準レンズで撮ってる時に望遠レンズで撮ろうと思ってもすぐに切り替えるのは難しいですよね。

そんなときに2台持っていればすぐに切り替えができ、とっさの動作に反応することができます。

ウェディング撮影の時は必須と言ってもいいぐらい重要な役目を果たします。

 

現在使っている”メイン”一眼レフカメラ

Nikon D500

現在のメインカメラ。

APS-C機で動体に非常に強いカメラです。

動物や運動系の撮影の時は特に活躍しています。

動画撮影機能も非常に優秀で、動画撮影時もメインカメラとして使用しています。

ただ、APS-C機なので、広角側が弱く、店内撮影や屋内での撮影の時はサブカメラになる時もあります。

こちらにより詳しくD500について書いているので、気になる方はどうぞ!

プロ絶賛!おすすめ一眼レフ『Nikon D500』の性能と機能をご紹介

 

Nikon D750

現在のサブカメラ。

室内での撮影や暗い場所での撮影ではメインカメラになる時もあり、どこでも使えるオールマイティなカメラです。

こちらはフルサイズ機ということもあり、D500には表現できない色合いや解像力をもっています。

グリップが非常に持ちやすく、フィット感抜群のカメラです。

 

レンズはSIGMAレンズを使用

一眼レフカメラのボディはNikonですが、レンズはすべて社外品を使っています。

もちろん純正レンズは良いものばかりですが、社外品のものも非常に高品質で、好みの差でわかれるようなレベル。

特にSIGMAは高評価なレンズを数多く揃えており、プロの中でも使用しているカメラマンは多いです。

社外品なので、価格も多少安かったりするので、非常に買う価値アリ!

持っているレンズについてこちらにも書いているので、詳しくはこちらの記事もどうぞ!

僕がプロとして使用してるおすすめカメラレンズはこれ!

 

まとめ

カメラは使い分けが大切です。

もし2台カメラを揃える余裕があれば、APS-C機とフルサイズ機の2台を購入するのがオススメです。

さらに、レンズは望遠、広角、標準、マクロの4つがあればまず撮影に困ることはほぼないでしょう。

これらのレンズを使っていった時に単焦点レンズで自分が一番好きな焦点距離のレンズを買うと間違いのないものを買えると思います!

良いカメラ、良いレンズよりも、お気に入りのカメラ、お気に入りのレンズを手に入れてください!

コメント