プロカメラマンがおすすめする初心者におすすめの優秀一眼レフ

一眼レフを手に入れよう

 

一眼レフカメラをお探しですか?

お店に行ってもどの一眼レフカメラがいいかがわかりませんよね・・・

なんとなく値段が高ければ良いカメラというのはわかるけど、どれぐらいの値段でどれぐらいの性能の一眼レフカメラが買えるのかがわからないと思います。

そんな悩める子羊の為に、一眼カメラの選び方とオススメの一眼レフカメラをご紹介いたします!

 

一眼レフカメラの選び方

オススメのカメラを店員に聞くと口をそろえてこういいます。

「どんな写真を撮りたいですか?」

どんな写真?と言われてもいろいろありますよね。

・旅行用のカメラがほしい

・運動会で子供を撮りたい

・とりあえず趣味としてほしい

・風景を撮りに行きたい  …etc

このような理由を言われたとしても、結局オススメするカメラの大抵は初級機のレンズキットです。

それでも問題ないのですが、せっかくサイトに足を運んでもらったので、見ておくといいカメラの性能をお教えしますね^^

画素数は購入基準にいれない

まず、カメラの性能を見るときに目に入ると思うのが、カメラの画素数。

高ければ高いほど綺麗に写るというのはあながち間違いではないですが、肉眼では確認できないことが多いです。

トリミング(切り抜き作業)や拡大をしない限り、恩恵を感じません。

また、現行機で画素数が少なくて困るということはほぼ考えられないので、画素数は購入基準にいれる必要はありません。

 

シャッター連射速度

こちらは動きものを撮影する人(動物や運動会)以外の人にはあまり関係ないので、こちらもスルーでOK。

もし、シャッター連射速度を重視したいようでしたら、入門機で満足のいくような性能は得られないでしょう。

 

ISO感度

こちらの数値はかなり重要で、カメラの性能にかかわってきます。

ISO感度が高く設定できるカメラであればあるほど、暗い場所での撮影に強く、暗い場所で高画質で撮影することが可能。

表記の中ではこちらの数値を重要視した方が良いカメラを選ぶことができます。

数値が高ければ「良い」ぐらいでみてもらっても大丈夫です。

 

その他の表記について

AFフォーカスポイントの数やバッテリーの長さ、ファインダー視野率などは入門の中ではそれほど重要ではありません。

もちろんカメラを追求すれば重要な部分にはなってきますが、カメラを楽しむ上で上記のカメラ性能を押さえておけばOK!

 

プロがオススメするの一眼レフカメラ

難しいことはなしで、ザックリオススメのカメラをご紹介します!

Canon kiss x9

良い点

・軽い

・高性能でコストパフォーマンスが良い

・バリアングルモニター(可変式モニター)

“一眼レフは重い”を覆した一眼レフ。

小型で高性能。

バリアングルモニターでストレスなく撮影ができます。

迷ったときにこれを選んでおけば間違いない入門機です。

 

Pentax K-S2

良い点

・防滴防塵性能がついている

・耐久性が高い

・デザインが格好いい

タフな一眼レフ。

過酷な環境にも連れていきたいと思っている方にオススメのカメラです。

基本的に入門機には防滴防塵性能はついていないんですが、こちらの一眼レフはその性能がついています。

気軽にどこでも持ち運んで、タフに使いこなしたい方には良い相棒となってくれるカメラです。

ただ、CanonやNikonなどと比べるとレンズの種類が少ないのが欠点。

 

まとめ

一番最初の一眼レフは慎重になってしまうと思います。

そこからカメラライフが始まりますし、今後のカメラの楽しさにも影響してきます。

極論を言ってしまえば、”格好いい”や”オシャレ”で選んでもいいと思います。

自分の体の一部となり、記録を共にするものなので、相性が大切です。

ぜひ、一目ぼれの一台を見つけてくださいね!

コメント