スーパー・ブルー・ブラッドムーンを一眼レフで撮影しました!

プロカメラマンのお話

月が大きく見える現象を「スーパームーン」

満月になる現象を「ブルームーン」

皆既日食により、月が赤くなることを「ブラッドムーン」

これら3つが同時に起きることでできるのが「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

技名みたいで格好いいですが、おそらく1生涯に1度見れればラッキーぐらいな発動確率です。

そんな「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が2018年1月31日の9時51分から11時8分にかけて現れました。

狼男が狂暴になりそうな月

  • 使用カメラ:Nikon D500
  • しぼり値:f/5.6
  • シャッタースピード: 1秒
  • ISO: 800
  • 焦点距離:540mm

森の方から「ウォオオオン!」と狼の遠吠えが聞こえれば完璧でした。

実は地球上では35年ぶりにこの現象が起きたらしいのですが、アメリカでは150年ぶりに観測できたらしいです。

狼男も大喜びですね。

そんな「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」ですが、今回は空の高い位置で起こる為、非常に観測がしやすかったです。

撮影をしていると月に誘われたのごとく、狐がぴょこっとでてきて、ジーーっと見つめていました。僕の方を。

どうやら狐にとっては「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」より僕の方が気になったみたいです。

月の撮影はシンプルそうで意外と難しい。

月を大きく綺麗に撮るには望遠レンズが必須ですが、ちょっとした知識も必要です。

明るさを合わせてシャッターを切るだけではありません。

今回使用した機材

  • Nikon D500(APS-C)
  • 望遠レンズ(70-200mm)
  • 三脚
  • 2倍テレコンバーター

【テレコンバーターとは】

レンズとカメラボディの間に装着して、レンズの焦点距離を伸ばす変換機のこと。通称「テレコン」

1.5倍テレコンや2倍テレコンなど、いくつかの種類があります。

月を撮影するにあたって気を付けなければいけないこと。

月を撮影するにあたり、気を付けなければいけないことがいくつかあります。

  • 手ぶれ補正が付いている場合は手ぶれ補正機能をOFFにする
  • シャッタースピードは1秒より遅くしない(焦点距離による)
  • ピントはライブビューでマニュアルで合わせる
  • セルフタイマーかリモコンを使ってシャッターを切る。

手ぶれ補正が付いている場合は手ぶれ補正機能をOFFにする

普段は手ぶれを補正してくれる便利な機能ですが、月や星など、三脚を使って撮影する際には逆にブレが発生してしまいます。

構造の話はここではしないですが、三脚を使ってブレがもともと発生しない場面での撮影の際は手ぶれ補正機能をOFFにしましょう。

シャッタースピードは1秒より遅くしない(焦点距離による)

月をある程度の大きく撮影する際はシャッタースピードを1秒よりも速い速度に設定しましょう。

焦点距離が1000mmなど超望遠で撮る場合はさらに早いスピードで撮る必要があります。

月は意外と速いスピードで動いているので、あまりシャッタースピードを遅くしすぎると、ブレた写真になってしまいます。

ただし、広角側になればなるほど、ブレ幅が少なくなるので、ある程度シャッタースピードを開放して撮影をしても問題ありません。

ピントはライブビューでマニュアルで合わせる

オートでピントを合わそうとすると、ピントが迷ってしまいます。

暗い場所での撮影はマニュアルでピントを合わせましょう。

セルフタイマーかリモコンを使ってシャッターを切る

シャッタースピードを遅くすればするほど、ブレやすくなるのはご存知かと思いますが、シャッターを切る瞬間にも注意が必要です。

シャッターボタンを押した反動でブレてしまうので、シャッターを切る際はセルフタイマーを設定して切るか、リモコンを使用して撮影しましょう。

編集ソフトで仕上げをしましょう

  • 使用カメラ:Nikon D500
  • しぼり値:f/5.6
  • シャッタースピード: 1秒
  • ISO: 800
  • 焦点距離:540mm

編集ソフトを使うとより綺麗に仕上げることができます。

オススメはシャープネスと彩度の調整です。RAW撮影を忘れずに。

場合によってはハイライトも少し調整してみると良いかもしれません。

まとめ

日本各地で見ることのできたスーパー・ブルー・ブラッドムーン。

普段より大きいと言っても、肉眼では少し小さすぎたかもしれません。

スマホでは撮ることのできない一眼レフだからこそ見ることのできた、スーパー・ブルー・ブラッドムーンの姿ではないでしょうか。

31日は雲も少なく、非常に良い観測日でした。

もし、今後月を撮る際は今回のポイントを押さえて撮影してみてください!

そして、惜しくもスーパー・ブルー・ブラッドムーンを見逃してしまった方はこの写真をみて、美しさを感じて頂ければと思います。

コメント